病院の処方薬

病院のダイエット処方薬とは?

基礎知識

病院の処方薬とは、カニューレという特殊な吸引管を使用して、痩せたい部分の脂肪細胞を吸引することで引き締めることができる施術です。人には、脂肪の合成や分解、貯蓄を行う脂肪細胞というものがあります。この脂肪細胞は人によって数が決まっています。人が太ったり痩せたりするのは、脂肪細胞の数が増えたり減ったりするだけでなく、脂肪細胞が大きくなったり小さくなったりすることでも起こるのです。病院の処方薬では、脂肪細胞自体を吸引して数を減らすので、リバウンドが起こりにくいのです。ダイエットをしても、どうしても一部分だけ痩せられないという方は、病院の処方薬にチャレンジしてみると良いでしょう。

病院のダイエット処方薬の2タイプ

  • 食欲抑制剤

    食欲抑制剤とは、その名の通り食欲を抑制してくれる薬のことです。服用することで、「食べたい」という欲求を抑えてくれるので、余計なものを食べなくなります。日本で正式に認可されているのは、サノレックスという薬です。この薬は満腹中枢を刺激して、空腹感を抑えてくれます。ですので、少しの量の食事で十分な満足感が得られるようになります。この薬は、長期的な処方はされませんが、短期の処方でも少食の習慣が身体に身につくことが期待できますし、薬の服用中は摂取カロリーを無理なく減らすことができるので、確実に体重を減らすことが可能です。

  • 脂肪吸収阻害剤

    脂肪吸収阻害剤とは、食事で摂取された脂肪が体内に吸収させることを防ぎ、そのまま体外への排出を促してくれる内服薬です。美容外科のダイエット外来や痩身治療で用いられているのは、ゼニカルという薬が一般的です。この薬は、スイスで開発されたもので、日本ではまだ未認可ではありますが、ダイエット薬の定番として広く利用されています。ゼニカルを服用することで、脂肪分を体外に排出してくれるので、大幅なカロリーカットが可能です。

病院のダイエット処方薬の注意点

ダイエットに苦労している方の多くは、「食事制限や運動をせずとも飲むだけで痩せられる内服薬があるならぜひ飲みたい」と思うことでしょう。たしかに、いつもの食事をしながら無理なく薬を飲むだけで体重を減らせるならこんなにいいことはありません。しかし、病院でのこういったダイエット薬の処方は、必ずしも誰に対しても行われているわけではありません。いずれの薬も、医師による判断のもとで必要とされた場合にのみ処方を受けることができます。特に、処方が薦められるのは、肥満指数が高く、健康上に問題が起こりうる可能性が高いと判断される場合です。インターネットの個人輸入で購入することも可能ですが、自己判断による危険な服用を避けるために、必ず病院で医師による診察を受け、その上できちんと処方をしてもらうようにしましょう。

密かにブーム!「ハーブ注射」が人気!

「脂肪吸引や脂肪溶解注射は少し不安……」という方にお薦めなのが「ハーブ注射」という施術です。天然由来の薬液を注射するだけの、事故や副作用の危険性がない施術なのでじわじわと人気を集めています。価格が安いことも魅力の一つ。ハーブ注射で手軽に安全に痩せてみてはどうでしょうか︖

ハーブ注射をもっと知る

病院の処方薬でオススメ 当サイト一押しクリニックはここ!

品川美容外科 オススメ

品川美容外科
  • 公式HP
  • 詳細を見る

品川美容外科は、関東を中心として全国に展開している病院です。これまでに400万件もの治療実績があり、その実績に裏打ちされた確かな技術を持つ医師が数多く在籍しています。品川美容外科ではカウンセリングを最重要視していて、患者さん一人ひとりの話をじっくりと聞いた上で、どのような施術を行うかを決定します。患者さんに不安を残さないようにしているので、安心して施術を受けることができます。ダイエットに関する施術も、しっかりと脂肪を取り除ける病院の処方薬から手軽に利用できる脂肪解消注射まで、様々な施術が用意されています。全国的な知名度も高い病院なので、ダイエットを含めて美容整形全般に安心が持てる病院といえます。

クリニック情報

  • 電話番号
    0120-189-900
  • 休診日
    土・日・祝日も診療
  • 公式サイト
  • ダイエットに
    関する主な施術
    脂肪吸引・痩身・ボディジェット・脂肪解消注射・スマートリポレーザー等
2014年9月1日 調べ