お腹のダイエット

お腹は、体の部位の中でも一番といっていいほど脂肪がつきやすい場所です。なぜなら、お腹の内部には臓器が集中しているため、それらを保護するためにも脂肪がつきやすい作りになっているからです。特に、女性は子宮や卵巣といった大切な臓器を守るために、お腹に脂肪がつきやすいといわれています。しかし、お腹のお肉がつきすぎていると、見た目にも美しいとはいえません。タイトスカートやスキニーパンツが履きこなせないといったお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

お腹に脂肪がつく原因とは?

お腹は、体の中でも特に脂肪がつきやすい部位です。腹部は骨格で守られていない上、腸や小腸、意、肝臓、膵臓などの生命維持に重要な役割を持つ臓器が集中しています。女性の場合はさらに、子宮や卵巣といった重要な臓器もあります。そのため、お腹は、臓器を守るために脂肪が厚くつきやすいのです。そのため、たしかにお腹周りの脂肪は必要なものですが、しかし過剰についている必要はありません。過剰な脂肪は却って内蔵を押しつぶしてしまうため、健康に悪影響を与えかねないのです。お腹周りの筋肉は、普段の生活の中では鍛えることが難しいため、自覚的に引き締めを意識した運動を取り入れていくことが重要です。

お腹のダイエット方法

自分自身でお腹のお肉をすっきりさせるためには、腹筋運動が最適です。筋肉を鍛えて脂肪を燃焼させるというのが、お腹周りに筋肉をつけて引き締まったお腹をつくる一番の方法です。特に、腹式呼吸を行いながらゆっくりと腹筋をするのが有効です。また、無理して一日に何十回も何百回も行うよりも、無理のない回数から始めて徐々に回数を増やしていき、毎日継続して鍛える方がはるかに効果的です。また、お腹の余分なお肉は、骨盤の位置を正常に戻すように姿勢を改善することでもスッキリします。整体や整骨院で骨盤矯正をするのも良い方法ですし、自宅で骨盤矯正ベルトを装着したり骨盤矯正体操を毎日行うと、リンパの流れや血行が良くなるため、お腹痩せに効果が期待できます。

病院でおこなうお腹のダイエット

お腹の部分やせのために、病院で受けられる施術メニューはいろいろあります。最も代表的なものとしては、脂肪吸引方法があります。お腹をつまんだときにつかめるお肉がたくさんある人は、皮下脂肪が厚くついているということなので、脂肪吸引が適しています。脂肪吸引というと腫れや痛みなどを不安に思う方もいるかもしれませんが、近年の医療技術では痛みやダウンタイムを軽減できるボディジェットやリポレーザーという施術を用いた施術が行われることも多いため、安心です。また、それ以外にも、脂肪溶解注射を使ってお腹部分の脂肪を分解して代謝とともに体外に排出させるという方法や、ダイエット薬による痩身治療も行われています。

病院でお腹のダイエット体験 口コミピックアップ

20代の頃のパンツが履けるようになりました!
30代に入ってからストレスで激太り。特にお腹まわりがやばくて、もう今まで着ていた服は何も入らなくなってしまったんです。このままでは人生終わりだと思って、病院で脂肪吸引をしました。お腹まわりのお肉を取ってウエストにくびれができて、今までまったく入らなかった20代の頃のパンツまでまた履けるようになりました。
出産で戻らなくなった体型を病院でダイエット
長女を産んでから体型が戻らなくなって、すっかりオバサン体型に。まだ30歳なのにと旦那にも言われてしまい、病院で脂肪溶解注射を受けることにしたんです。さすがに脂肪吸引は怖かったので、皮膚を切らない脂肪溶解注射なら安心だなと思いました。
ウエストのサイズダウンでくびれ体型をゲットできました
上半身はそんなに太っていないのに、お腹だけぽっこりしているのが気になって、脂肪吸引しました。ウエストの脂肪を取ったらずっと憧れだったキュッと引き締まったウエストになれてとっても嬉しいです!リバウンドも全くしていません!