ふくらはぎのダイエット

ふくらはぎは、もともと体の部位の中でも筋肉量が多い場所です。ですので、ふくらはぎが太いと悩んでいる方の中には、筋肉の発達によってパンパンに見えているという方も多くいます。もちろん、ふくらはぎの太さは筋肉のせいだけではなく、脂肪やセルライトがついてしまっていることもあります。長時間立ちっぱなし、座りっぱなしの姿勢を取っている方は、血行不良やむくみが原因で太くなっていることもあります。

ふくらはぎに脂肪がつく原因とは?

ふくらはぎは、脂肪よりも筋肉が多い部位です。脂肪によって太くなってしまっている方もいますが、筋肉の発達が原因となりふくらはぎが太くなってしまう方もいます。また、ふくらはぎはむくみが起こりやすい場所です。冬場にロングブーツを履いていると、夕方や夜になるとふくらはぎの部分がパンパンになってしまうという方はいませんか? 立ちっぱなしだったり、ロングブーツでふくらはぎを締め付けていると水分がたまってむくんでしまうのです。このように、ふくらはぎが太い理由は脂肪がついているというだけでなく、筋肉やむくみが関係しているということを知り、ふくらはぎのダイエットをしたいのであれば、まずはなぜふくらはぎが太くなっているのか、その原因を知り原因に合ったケアをしていくことが大切なのです。

ふくらはぎのダイエット方法

ふくらはぎが太い方は、下半身に問題があることが多いです。O脚やX脚の方は、真っ直ぐな足にすることからふくらはぎダイエットが始まります。また、骨盤が歪んでいる方は足も歪んでいる可能性が高いです。さらに、猫背や、腰が落ちている、膝が曲がっているというような歩き方をしている方もまずは、歩き方から改善をしましょう。膝を伸ばす、足の裏をすぐに着地させないようにかかとから土踏まずに重心を移動させるように着地をするように意識をしましょう。歩き方を改善するだけでも、美脚効果を得ることができますし、正しい歩き方をすることでふくらはぎだけでなく全体のスタイルが良く見えるようになります。

病院でおこなうふくらはぎのダイエット

病院で行われるふくらはぎのダイエットでは、ボトックス注射が一般的です。上記のように、ふくらはぎは脂肪よりも筋肉が多い場所なので、脂肪吸引をしても思わぬ効果が得られない可能性があります。そこで、筋肉の張りによってふくらはぎが太く見えている方には、デトックス注射がおすすめです。デトックス注射は、筋肉の動きを抑制する働きがあります。よって、ふくらはぎだけじゃなく、エラの張った顔を小顔にする施術でも用いられることがあります。ボトックス注射は、名の通り注射器で成分を注入するので、痛みはほとんど感じません。また、傷跡も残りませんし、ダウンタイムも必要ありません。気軽に受けられる施術として人気が高いです。

病院でふくらはぎのダイエット体験 口コミピックアップ

モデルみたいな足だねと褒められます
元々太いってほどでも無かったのですが、もっと細くなりたくて気軽なボトックス注射を打つことにしました。効果はすぐに現れて、周りのみんなからはモデルさんみたいに綺麗な足だねと褒められるようになったんです。
流行りのミモレ丈のスカートに挑戦
ふくらはぎがスポーツ選手のようにたくましかった、私。ふくらはぎが見えるのが嫌でいつもロングスカートやゆったり目のパンツを履いていましたが、病院で施術を受けてから太ももが強調されるミモレ丈のスカートも履けるようになりました。
病院だから安心して施術を受けられた
ボトックス注射・・・前々から気になっていたんですけど、安全面が大丈夫なのかと心配していました。不安を抱えながら病院に行ったのですが、先生はとても親切だし、安全面でも心配なさそうだったので、施術を受けました。ホッソリした太ももで大満足です!