食事制限によるダイエット

食事制限によるダイエットについて

仕事の帰りが遅くて運動をする時間がないという方におすすめなのが、食事制限によるダイエットです。太る理由は、消費カロリーに対して摂取カロリーが多いからです。一日の中で全く運動しないという方はなかなかいませんし、睡眠をするだけでも基礎代謝分のカロリーは消費します。ですから、毎日きちんと摂取カロリーを守っていれば太ることはありません。1日の摂取カロリーを大幅に超えてしまうからこそ、太るのです。つまり、摂取するカロリーをきちんと抑えれば、特別な運動をしなくてもダイエットをすることは可能なのです。しかし、食事を取らないと栄養が不足してしまうので、バランスよく摂取することが大切です。

食事制限によるダイエットのメリットデメリット

食事制限によるダイエットのメリットは。「即効性がある」ということです。人間は食事をしなければ、カロリーは消費される一方です。ですから、すぐに痩せることができます。しかし、全く食事をしないと体は栄養不足になってしまいますので、体調を崩しやすくなってしまうのはもちろんのこと、内蔵の動きが弱くなり、カロリーを消費することも脂肪を燃焼することもできなくなってしまい、代謝効率が悪くなってしまい逆に痩せにくい体になります。また、無理な食事制限をするとストレスが溜まり長く続かないですし、ダイエットを辞めたときに過食になりリバウンドをしてしまうこともあります。ですから、無理な食事制限は避け、きちんとバランスのとれた食事をするようにしましょう。

食事制限によるダイエットのコツ

無理な食事制限をせず、長くダイエットを続けるためにも、以下の「3食きちんと食べる」「無理・我慢はしない」「間食や暴飲暴食を控える」という3つを守りましょう。甘いものに含まれる糖質、ご飯・麺類などの炭水化物は体の血糖値を大きく上げます。また、高脂質な食べ物は快感物質が分泌されるため、空腹でなくても食べればまた食べたくなってしまいます。糖質も炭水化物も健康な体を作る上で必要不可欠なものですが、食べ過ぎてしまうと太ってしまいますので、ダイエット中はなるべく控えるようにしましょう。また、肉や魚は消化をするまでに時間がかかり、徐々に糖を供給するため、腹持ちが良く空腹になりにくいです。さらに、野菜を食べると栄養バランスがとれて健康的な食事制限ができます。

  • 三食きちんと食べる

    ダイエットのために朝食や昼食を抜く人もいますが、一度にまとめて食事をすると、体は次の空腹に備えて栄養を蓄えようとするため、皮下脂肪が溜まりやすくなります。バランスのとれた食事をゆっくりよく噛んで食べましょう。

  • 無理・我慢はしない

    無理や我慢をしているとダイエットは長く続きません。そこで、摂取カロリーをきちんと計算して、1日の摂取カロリー内であれば少し間食をするなど、自分に厳しくしすぎず、長く続けられるようなダイエットをしましょう。

  • 間食や暴飲暴食を控える

    いくら3食バランスのとれた食事をしていても、間食をたくさんしてしまったり、一度にたくさん食べると痩せることはできません。例えば、板チョコはおにぎり二つ分ほどのカロリーがあるので、どうしても食べたくなったときは一度に食べず少しだけ摂取するようにしましょう。

ココがポイント