産後ダイエット

産後のダイエットについて

妊娠をすると、女性の体型は大きく変化します。お腹が膨らみ、出産に備えて骨盤が開き気味になるのです。もちろん、体重も増加します。妊娠したことが変化のきっかけであるため、妊娠が終わる、つまり出産をすれば体型も元に戻る、と考えがちですが、実は産後も体型がもとに戻らない「産後太り」になってしまう女性は非常に多いのです。産後太りは、食べ過ぎや運動不足などによる肥満とは違い、身体の造りが変わってしまうことが原因です。女性ホルモンの影響で身体に脂肪がつきやすくなっており、出産後もしばらくは骨盤が開いたままなので、身体が大きく丸くなりやすいのです。妊娠前のすらりとしたボディラインを取り戻すためにも、病院から退院した後はできるだけ早く産後ダイエットを始めましょう。

正しい産後ダイエットの方法

産後ダイエットには、正しい方法があります。間違った方法のままダイエットをしても、妊娠前の体型を取り戻すことは困難です。そのため、産後ダイエットにあたっては、「何が正しい産後ダイエットの方法なのか」を知ることからスタートしましょう。まず、「産後ダイエットは時間との勝負」ということを認識しましょう。例えば、開きっぱなしになっている骨盤の矯正には、出産直後からだいたい半年までの間というタイムリミットがあります。そのため、産後ダイエットを決意するのであれば、出産から半年以内、できるだけ早い段階で行動に移すことが大切なのです。また、もちろん母体を害することがないよう、きちんと食事をとって、健康的に痩せる方法を選ぶことも重要です。

  • 授乳と栄養バランスを考える

    母体の健康は、母乳に大きく影響します。しっかり食事をして、しっかり栄養を補給することが大切です。産後直後は慌ただしいことも多く、食事をおろそかにしがちですが、しっかり食べて母体を健康に保つことが、丈夫な赤ちゃんを育てるためには必要なのです。

  • 骨盤矯正

    出産のために開いた骨盤は、そのまま放置しておくと開いたまま固定されてしまいます。しかし、出産直後から半年ほどの間であれば、骨盤を矯正することは可能です。適度な運動やエクササイズを行うことで、自然に骨盤の矯正を促すことができます。

産後ダイエットの注意点

産後太りを解消するための産後ダイエットでは、通常のダイエット以上に健康維持に気をつけましょう。母体の健康不良は、母乳を通じて赤ちゃんにまで影響を及ぼします。脂肪がつきやすい体質に変わったからといって、食事の量を著しく制限してしまうと、母乳に含まれる栄養分や母乳の量そのものが減ってしまいます。きちんと食事を取りつつ、運動を中心としたダイエットを心がけましょう。しかし、産後すぐの身体に激しい運動は禁物です。自宅で、育児をしながらでもできる簡単なストレッチやエクササイズで、十分に産後太りは解消できます。その際には、骨盤の歪みを矯正するイメージで行うことをおすすめします。開きっぱなしになっている骨盤を矯正するように、腰回りを中心とした運動を行っていきましょう。

ココがポイント