たばこをやめると太るのは本当?

たばこを止めると太る理由

よく「たばこをやめると太る」と聞きますが、どうしてたばこをやめると太ってしまうのでしょう。喫煙者の中には、たばこをやめたいけど太ってしまうのが怖くてやめられないという方もいるのではないでしょうか。たばこをやめると太ってしまう理由は、「味覚が正常化する」「口寂しいので間食をしてしまう」「消化吸収能力がよくなる」ということが大きく関係しています。たばこに含まれているタールやニコチンは、味覚を鈍らせたり、消化吸収能力を低下させてしまいます。また、ニコチン依存から抜けだせずストレスが溜まり、そのストレスを食で紛らわせる方もいます。しかし、たばこをやめると必ず太るというわけではありません。禁煙をしてもダイエットを成功させることは可能です!

  • 味覚が正常化する

    たばこをやめると本来の味覚が戻るので、喫煙しているときに比べて食事が美味しく感じられます。しかし、今までより薄味であってもしっかりと味わえるようになるため、素材本来の味を楽しめるようになります。

  • 口寂しいので間食

    たばこをやめると口が寂しくなり、ついつい間食をしてしまうという方もいます。チョコレートやクッキーなど高カロリーなものを摂取していると太ってしまうので、シュガーレスのガムや飴を食べると良いでしょう。

  • 消化吸収能力がよくなる

    たばこをやめると消化吸収能力が元に戻るため、脂肪が吸収されやすくなります。しかし、消化吸収能力が元に戻るということは、胃腸が元気になるということです。胃が元気であれば、体内の老廃物も排出されやすくなるため、便秘も解消できます。

たばこを止めて太らないようにするコツ

たばこをやめると、口寂しくなってしまったり、ニコチン不足でイライラしてしまったりして、食に走ってしまう方もいます。しかし、たばこをやめると必ずしも太るというわけではありません。「体をこまめに動かす」「深呼吸をおこなう」「ストレスを溜めない」という3つのことをこころがけていると、太ることなく禁煙を成功させることができます。ニコチンは中毒性のあるものなので、たばこをやめて体内からニコチンがなくなってしまうと、体はニコチンを欲します。我慢ができずにまたたばこを吸ってしまう方もいますが、体を動かしたりしてニコチンを思い出さないような生活をしましょう。体を動かせば、カロリーが消費されるので、ダイエット効果も得られます。

  • 体をこまめに動かす

    ニコチンが不足してイライラしてきたら、体を動かしましょう。今まで、たばこ休憩をしていた方は、その時間にストレッチをするなど少し体を動かすだけでもイライラを抑えることができますし、体を動かすことでダイエット効果があります。

  • 深呼吸をおこなう

    すっきりしたいときは、ゆっくり鼻から息を吸い、少し息を止めて、ゆっくり口から息を吐き出します。息を止めることで、血液に酸素が送り込まれて、脳の働きが活発になりストレスを解消することができます。

  • ストレスを貯めない

    運動をする、ゆっくりとお風呂に入る、友達と話をする、新たな趣味を見つけるなど、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。ダイエットに我慢は大敵ですので、ストレスを溜めず健康的なダイエットを目指します。